サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

40歳から不妊治療を開始し、2度の稽留流産を経て、43歳で出産。44歳の今、0歳男児の育児中です。

スポンサーリンク

「もうひとり」と言う無神経さ

f:id:sanchan22:20190615154543j:plain

最近、思うことがある。だいたい年配の人。「もうひとり、がんばったら?今度は女の子。まだ大丈夫だよ。」と言う人がいる。「いやいや、もう、ひとりで十分ですよー。」とやんわりと応えると、「いやいや、まだ大丈夫!若いんだから、まだいけるよ。」とか言ってくる。は?どこが若いんですか??44歳ですけど???本人には全然悪気はないみたいだけど、何度もしつこく、言われると、だんだんイライラしてきます。なんだろ、夫婦ふたり、子供もふたり。それが理想の家族像なんだろうか。このひとりを授かるのに、いったいどれだけ大変だったか、わかりますか?気力も体力も財力も200%くらいのエネルギー使って治療して、それで、ようやく、やっと、やっと、手に入れた「今」、ですよ。それを、さ、次いこ、次みたいに。。出産だって、命がけで産んだんですよ。今だって、重くなってきた息子の抱っこで、足腰痛いですよ。寝不足ですよ。今、この毎日がいっぱいいっぱいです。それでも、子供が手を離れて、またピアノ習ったり、ダイビング行ったり、フルマラソンでたり、山を歩いたり、自分で自分の好きなことに時間を使う日々を、妄想する日もあるんですよ。どうか、高齢ママのこんな心中お察しください。
 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

?スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク