サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

出産翌日に告げられた病名

f:id:sanchan22:20181114115717j:plain

明るい光に包まれて、とても穏やかな気持ちで迎えた朝。深刻な顏で看護師さんがやってきた。ニコニコとついていくと、「えっ、さんちゃん、そんなに元気なんですか?歩けないかと思ったんですけど。」と驚く看護師さん。そうね、たしかに帝王切開するとみんなすぐは歩けないとか聞いたことがあるけど、、。それにしても、看護師さんがいやに驚いてる。なんなんだ?麻酔がまだ効いていたのか、気持ちが高揚していたのか、今思い返しても、この時はまだふつうに元気でした。診察室に入ると担当の先生から、術後の血液検査の結果があまりよくないようなことが簡単に説明され、その後、内診がありました。そして、また何度も「身体はなんともないですか?フラフラするとか、お腹がいたいとか?」と訊かれます。「どこも痛くないです、元気です!」とまたニコニコと応えます。子宮に溜まっていた血液の塊を取り除きました、というような説明を受けて、みんなの不思議そうな顔をよそに、またスタスタ歩いて病室に戻りました。続けて病室にやってきたのは、手術の執刀医。「あ、先生、昨日はお世話になりました!」と挨拶したところ、これまた深刻な顔つきの先生。「お身体のことは聞いていますか?不完全ですが、HELLP症候群の症状に近いです。このHELLP症候群というのは、まずHはなんとかかんとかの頭文字で、次のEはなんとかかんとか、でLは、、、」先生が、とても丁寧に説明してくれるのですが、全然頭に入らず、耳に残ったのは、「これはご高齢によるものと思われます。」のひと言だけ。先生が部屋を出て行ったあと、猛烈な勢いで、スマホで「HELLP症候群」を検索。死亡することもあるって、、。噓でしょ、、。先生の「ご高齢によるもの。」のひと言が頭の中をこだまします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク