サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

ごめんなさい、陣痛を甘くみてました・・。

 

f:id:sanchan22:20180918160857j:plain

「ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」「うう゛う゛う゛う゛う゛」。陣痛の大変さは、いろんな話を聞いていた。でも、自分は痛みに強い、そう思ってた。だから、ちょっとやそっとの痛みじゃ、驚かないって。それが・・・。夕方、なんとなく生理痛のように始まった陣痛は真夜中には激痛に。なんだろ、生理痛なんてレベルじゃない。声なんて絶対出さないって思ってたのに、気付いたら、もう、恐ろしい化け物みたいな声が、苦笑。「ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」「うう゛う゛う゛う゛う゛」。自分でも、なんだ、このうめき声は、と思いながらも、止められなかった。で、気付いたら、痛みの波に合わせて、手すりについてるゴムの部分を、雑巾のように絞ってました。陣痛が3,4時間続いた頃でしょうか。助産師さんが、「子宮口4cmくらいまで開いてきましたよ。」って。おいおい、3cmが4cmになっただけかいっ。激痛と闘いながらも、思わずツッコミたかった。だって、10cm開かなきゃいけないのに、まだ4cmって。そんなこんなで、夜中3時頃だったかなぁ。子宮口が9cm開きましたーて言われたの。で、ここで当直のドクターが登場。おぉお、やっと陣痛との闘いもこれで終わりか。いよいよ出産か!!期待の高まる中、内診したドクターが言います。「うーーん、まだ胎児の頭の位置が高いなぁ」と。で、「もうちょっと下に降りてくるまで待ちましょう。」と。ええぇーーー、まだダメなの?! まだ、この痛みを堪えるのー?!泣きたい気持ちで、また「ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」「うう゛う゛う゛う゛う゛」を続けます。。

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク