サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

いよいよ、陣痛誘発剤の点滴開始!

f:id:sanchan22:20180908234238j:plain

病院の朝は早い。朝7時になる前に、シャワーを浴びるように言われ、それからLDR室へ移動しました。LDRとは、Labor Delivery Recovery の略で、陣痛→分娩→回復 が同じ部屋でできる部屋のことです。前日のラミナリアの効果で、この時点で子宮口は3cm開いた状態。お産のためには、これが10cmまで開かないといけません。3cm開いた状態といっても、感覚的には痛くもかゆくもなく、普通どおり。この状態で、LDR室で、陣痛誘発剤の点滴が始まります。最初は、ゆっくり、少量から。ポタ、、ポタ。。点滴は進むけど、陣痛はいっこうにやってこず。。お昼頃、見舞いにやってきた母も、私の普段と変わらない様子をみて、拍子抜け。その後、助産師さんに、「陣痛を呼ぶために、運動しましょう!」と言われ、点滴を引きずって、LDR室の前の廊下でウォーキングを開始。助産師さんに、「さんちゃんは、フルマラソンとか出てるんですって?!」とすっかり調子に乗せられ、妙に張り切っちゃいました。足を高々と上げて廊下を何往復も。お部屋にバランスボールも用意されました。が、しかし、、夕方になっても体調は何も変わらず。主治医の先生は「この様子だと今晩は陣痛来ないようですね。では、また明日ー。」とここで退勤。刻々と時間だけが過ぎ、助産師さんに、このままだと、また「分娩待機室」に戻るように言われる。いやだ、あの他人の悲鳴が聞こえる大部屋には戻りたくないーーー。焦る。なんで、なんで陣痛来ないのーーーぉ、泣。そうこうしているうちに、仕事を終えた夫が登場。で、夫とともに、とうとう、やってきました。陣痛!!

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク