サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

分娩待機室での眠れない夜

f:id:sanchan22:20180826145047j:plain

「分娩待機室」という部屋は、ちゃんとした部屋じゃなくて、大部屋をパテーションで区切った簡易個室みたいなお部屋でした。隣のお部屋の声は丸聞こえ。不妊治療してた頃は採卵の後に休んでいたリカバリールームにちょっと似ています。あれを、もう少しだけ立派にした感じ。で、夕方そこに通されて、まずは、子宮口を広げるために、「ラミナリア」を膣から挿入する処置を受けました。イメージとしては、タンポンが何本もまとめて突っ込まれる感じです。稽留流産の手術を受けたときにも入れたので、どういうものかはわかってましたが、これ、結構、痛いです。1本、2本、と本数を重ねていくとズシン、ズシンと生理痛のような痛みが。8本、とカウントされるのを聞いたので、たぶん8本挿入されていたんだと思います。この状態で一晩過ごして、子宮口が少し開いた状態で翌朝から「陣痛誘発剤」の点滴が開始するので、この夜は、そのままここで就寝。いやー、この夜は眠れなかった。だって、すごいんですよ、パテーションの向こうから、「キャー、痛いー。痛いー!!!」って女性の大きな叫び声が聞こえてくるんです。陣痛の間隔が長かったり、陣痛が弱かったりする人は、こういう状態になると、晴れて、この分娩待機室からLDR室(陣痛から分娩、回復までおこなう部屋)に移れるということがわかりました。あぁ、、怖いなぁ、明日は私の番かー、どうなっちゃうんだろう、、って不安とともに夜を過ごしました。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク