サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

宮沢りえ45歳、不妊治療報道を見て

f:id:sanchan22:20180714113639j:plain

45歳の彼女は、私よりひとつだけ年上。目尻のシワを美容整形で隠したりしない年相応の美しい人だと、どちらかと言えば好感を持っていた。その彼女の不妊治療の記事が目に留まった。前夫との間の子供がいても、再婚後の夫との子供が欲しいと願う気持ちは自然なことのように思ったから、そこまで驚きはなかった。ネット上の反応を見ると、「デリケートな問題だから、そっとしておいてあげたらいい」というコメントが多いように見えたけど、なかにはやっぱり、「もう更年期の歳でしょ?」、「妊娠って42歳までじゃなきゃ、まず無理でしょ。」とか「この歳での妊娠は無理と承知で結婚したんじゃないの?」とか、厳しいコメントも多々見受けられた。読んでいるうちに、いつの間にか、自分に向かって言われているような息苦しさを覚えた。一番印象的だったのは、「羽鳥アナの後妻は43歳で産んだらしいよ」っていうコメント。えっ、だから何?!  私も今月、43歳で産もうとしてますよ。43歳で産むのは、羽鳥アナの奥さんに限った特別のことじゃありません!!、と。治療経験の有無や、治療を考えたことのある人とない人とでは、だいぶ捉え方が違うんだなぁ、って改めて実感した。今思えば、私も、無意識のうちに、自分の不妊治療はすべての人に理解してもらえることではないという気持ちがあったから、治療していることをオープンにしてこなかったんだと思う。今の世の中、女性にはいろんな生き方があって、選択肢も増えてきた。だからこそ、みんなすごく悩むし、迷う。どの道が正解という答えがあるわけじゃないから、どんな道を選んだ人のことも尊重できる自分でありたい。今回、改めて、そう思いました。
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク