サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

43歳、新婚の女友達にどう助言する⁈

f:id:sanchan22:20180702085800j:plain

産休に入ってから、これまで時間がなくて、なかなか会えていなかった旧い友達に、積極的に会うようにしています。今週は、学生時代の友人が再婚したというので、お祝いランチに行ってきました。前のダンナさんと離婚調停で揉めていた頃は、ホントに辛そうな表情だった彼女。それが、見違えるように明るくなって、会った瞬間、こっちまで嬉しくなってしまいました。で、その彼女が開口一番、「さんちゃんこそ、妊娠おめでとう!」、「で、こんなこと訊いたら失礼かもしれないんだけど、それって、治療で?」って尋ねられました。43歳で新婚さんの彼女にとって、興味のある点だろうと予想していたので、訊かれても全然嫌な気持ちはしませんでした。「そうだよ、治療で」と応えたら、「よく、治療やめたら、自然に出来たとか聞くけど、そうじゃなくて、ホントに治療で?」と再確認が。この質問には、まだまだ自然にできると思いたいんだろうなぁ、って彼女の願望が透けて見えるようでした。正直に打ち明けました。正真正銘、治療で授かったこと。約2年半の期間、治療を続けたこと、2回流産して、不育治療もしていたこと。仕事と治療の両立はなかなか大変だったことも。彼女は、43歳からでも治療を受けることができるのかを知りたがっているようだったので、自分が通院していたクリニックは年齢制限はなかったことを伝えました。でも、、、今、彼女が治療を開始したら、あっという間に、そのことで時間も気持ちもとられちゃうのが目に見えてる。それは、勿体ないことのようにも思えました。新婚でしか味わえない貴重な今だけのふたりの時間と気持ちは、純粋に楽しんで欲しいなぁ、と思って。かといって、もし、本気で治療を始めるなら1日でも早い方がいいのは間違いないし、、。うーん、なんと助言したらいいものか。。結局、最後は、そのまま両方の気持ちを伝えました。どういう選択をするとしても決めるのは彼女。彼女が治療を始める選択をするとしても、治療はしないと決めるとしても、同世代の大事な友人の選択を尊重して、心から応援していきたいと思います。 
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク