サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

時の流れには逆らえない

すっかり間が空いてしまいました。皆さん、お変わりないですか?私は産休に入って、保育園見学へ行ったり、図書館に通ったりしています。産休に入ったら、ずっとやろうと思っていたことは、施設にいる祖母のお見舞いです。祖母はもうすぐ97歳。確か、昔も記事を書いたような、、。あった、あった、2年前にこの記事で紹介させてもらいました。自分の口で、妊娠報告したくて、この祖母のもとを訪ねました。

久しぶりに、病室の戸を開けると、想像していたより、一回りも二回りも小さくなったおばあちゃんがそこにいました。その姿にちょっとショックを受けながらも、「おばあちゃん、さんちゃんだよー。」と声をかけました。「あら、さんちゃん。会いに来てくれたの?嬉しいわー。」と笑顔のおばあちゃん。良かった、まだ私のこと覚えてくれてる!でも、、表情が乏しくなっていて、言葉がひとつ出てくるまでにすごーく時間がかかる。2年前に上記の記事を書いたころのおばあちゃんとは全然違う。あの頃は、明らかに私達夫婦に子供ができることを心待ちにしている様子だったのに、今は、私のお腹が大きくなっていることなんて理解ができていないみたい。ゆっくりおばあちゃんに語りかけてみる。「おばあちゃん、来月ね、おばあちゃんのひ孫を産むからね。楽しみに、待ってててね。」って。おばあちゃんは、応えた。「来月?おばあちゃんは、なんでもすぐに忘れちゃうからねぇ。代わりに覚えててて。」って。施設を後にして、バスに揺られながら、涙がでそうだった。あぁ、遅かったかなぁ。もうちょっと早く、ひ孫、会わせたかったなぁ、って。仕方ないですね、時の流れは誰にも止められない。 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク