サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

ドラマ 「隣の家族は…」観てますか?

f:id:sanchan22:20180318093419j:plain

話題になってますよね、不妊治療の様子が描かれているドラマ「隣の家族は青く見える」、治療中の方、治療卒業生の方、、みんな観てますか?私は、チャンネル回してる時に、チラッと目にして、噂通り、赤裸々に治療法のこととか説明してるシーンを目にしたことかあるけど、すぐ変えちゃいました。なんでですかね、自分にとってリアルすぎるからかなぁ、なんか観たくなくて。でも、こういうドラマが話題になって、まだまだ若いから不要と思ってた人も早めに妊活に関心を持ったりするのは、すごくいいことだな、って思ってます。43歳まで治療した身としては、欲しい人は、1日でも若いうちにスタートしたほうがいいよ、と言いたいから。で、さっき、前回のあらすじっていうのをネットで目にしました。ようやく授かった深田恭子が流産してしまって、「もうダンナさんをパパにしてあげられないかも」と悲しむという内容だったとか。うわー、わかる、と思っちゃいました。なんだろ、治療中は、いや、今もそうかもしれないけど、自分が母親になりたい!という気持ちよりも、ダンナさんを父親にしてあげたい!母を祖母に、父を祖父にしてあげたい!という気持ちが強かった。だから、公園で若いお父さんが子供をブランコに乗せてるシーンを見ると、それはもう、まぶしくて、まぶしくて。そんなわけで、今日も、優しく私のお腹を撫でる夫を前に、これはもう、なんとしても無事に、元気な子を産みたいと心から強く強く思うのです。
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク