サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

不妊治療クリニック卒業

f:id:sanchan22:20180210084156j:plain

16週を迎える数日前にその時がきました。不育治療があったから、不妊治療クリニックにしては、だいぶ遅い卒業です。「卒業おめでとうございます」、先生や看護師さんに言われて、それでも、まだ実感沸かない感じ。今のクリニックは昨年3月からだから、ほぼ1年通いました。近代的なクリニックで、いろんな検査もしてもらいました。検査を重ね、これなら高い確率で着床するでしょうと言われた胚が2個続けてかすりもしなかったときには、真っ暗闇に落ちたみたいな心境でした。もうダメなのかな、と初めて本気で思ったのは、この時です。その時は、このブログを通して、多くの人に励まされました。前のクリニックには、1年半通ったので合計2年半、通院したことになります。この2年半、いろんな思いをしました。同じように子供がいなくて、それでも、自分たちの趣味を楽しんでキラキラしている同世代の友達夫婦を見ると、妊活に固執している自分はこれでいいのだろうかと、自問自答してました。諦めきれずに悶々としている毎日、果たしてこれでいいんだろうか、と。もう、自分でも思い出せなくなってて、ブログ振り返ってみたところ、採卵も移植も7回やったみたい。その間に流産2回。化学流産もいれたら3回です。時間もお金もかかりました。気持ちも疲弊しました。それでも、続けてきたから、今日があります。世の中はオリンピック一色。テレビからSEKAI NO OWARIの「サザンカ」が聴こえてきます。夢を追う君へー♪♪「誰よりも転んで誰よりも泣いて 誰よりも君は立ち上がってきたー♪」って。オリンピック全然関係なく、泣けてきます。あー、続けてきて良かった、今、心からそう思います。
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク