サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

代理母のニュースをみて

f:id:sanchan22:20180125085146j:plain

 丸岡いずみさんの代理母出産、ニュースになってますね。不妊治療中、不妊治療卒業生の方は、どんな気持ちでみていましたか?その昔、向井亜紀さんの代理母のニュースを知った時の気持ちを今も覚えてます。当時は「そこまでして欲しいの?」って思ったんです。向井亜紀さんの子供はもう中学生だそうなので、きっと、その頃の自分は30歳前後だったんだろうと思います。正直、その頃は生命をお金で買っているように思えて、嫌悪感を抱きました。子供が欲しくても代理母という選択肢を選べる経済力のある人なんて、ほんのわずか。自然の摂理に従って、できないのであれば、子供のいない人生を歩むのが運命なのに、って思ってました。で、それから10年強。今回のニュースをみて、同じ気持ちになったかというと、そうではなかった。丸岡いずみさんは、46歳。私と3歳しか違わない。しかも2度流産している点も重なる。費用は2千万円程度かかっただろうという記事を見たときも、桁は違うけど、私も不妊治療に何百万円という費用を費やしたことを考えた。昔は、自分には関係のない話、どこか遠いところでおきていること、って思ってたのに、今はとても身近に感じるこのニュース。不妊治療に頼って、そのおかげで授かった私が、代理母という選択肢を選んだ人をとやかく言う資格はない。時が経って、自分自身で経験したことが増えてきて、いろんな考え方が尊重できるようになったのかもしれません。
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク