サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

初めての産院

f:id:sanchan22:20171226213030j:plain
産院に向かう道中、いつもはおしゃべりな自分が無口で、いつも無口な夫がよく喋った。夫のおしゃべりは、ホントにどうでもいい内容。Amazonで消毒液を買うかどうか迷っているって話。うんうん、それさ、めっちゃ、どうでもいいよ、笑。適当に相づちを打った。たぶん、ふたりとも昨年、同じ産院で流産の宣告を受けたシーンが頭から離れなくて、普段通りでいられなかったんだと思う。
あの日と同じ診察室。扉を開けると、あの時と同じ女医さんが満面の笑みで迎えてくれた。「良かったですねー。」って。でも、すぐには笑みを返せなかった。だって、あの日も診察台に乗るまでは、まさか流産が発覚するなんて思いもしなかったから。だから、もう警戒心120%の固い表情のまま、診察台に乗った。あの日は、先生が、エコーの機械を入れてから、嫌な沈黙が長く続いた。忘れられない嫌な沈黙。今日こそは、、、。目をつぶって祈り始めようとしたその瞬間、「赤ちゃん、元気ですよー。」って。え?もう???不妊治療のクリニックでの診察だって、もう少し、時間かかるよ。拍子抜けするほど、あっさり見つかった。夫が呼ばれて、一緒にエコーを見る。クリニックでは内診の様子を一緒に見ることがなかったから、夫にとっては初めて見る動くエコー画像。夫はどんな顏してたんだろ。エコーのモニターに夢中で、夫の表情を見るの忘れてしまった、苦笑。「これが足。可愛いねー。」なんて言われて、安堵でツーっと涙が頬をつたうのがわかった。
その後、助産師さんからの説明。お産の荷物は早めにパッキングして玄関に置くように、とか。いやいや、その説明、いくらなんでも早すぎるでしょ! 今の状況とギャップありすぎて面食らいました。暗闇から出たばかりで、強すぎる光をいっぱいに浴びたような、そんな一日になりました。
 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク