サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

40歳から不妊治療を開始し、2度の稽留流産を経て、43歳で出産。44歳の今、0歳男児の育児中です。

スポンサーリンク

やらないはずだったフライング

f:id:sanchan22:20171113195146j:plain

前記事の通り、まったく自覚症状がない、特におりものがないことで諦めきってた私。ここから先、どうしていいか途方に暮れ、まずはクリニックの先生にアドバイスをもらうしかないか、と考えました。で、夫に、指定された判定日にこだわらず、ベテランの先生に診察してもらえる日に判定もらいに行くことを提案しました。若手の先生に「はい、ダメでした。」と言われるだけでは帰れないと思ったからです。そしたら、夫は「もうダメとか言うけど、いつも、同じ超初期症状が出るとは限らないんじゃないの?」と、言ってきました。うんうん、そうよね、認めたくないよね、わかるよ、わかる。きっと悲しむだろうと思って、私も今日まで、ずっと黙ってたよ。「またダメみたい」って、ずっと言わなかった。移植した事実なんて、まるでなかったみたいにフツーに暮らしてたよ。だから、なんか知らないけど、なにも言わずに、今回に限って一緒に禁酒してくれてることが心苦しかったんだよ。いいよ、そんなことしてくれなくて。どうせダメなんだから、とずっと心の中で思ってた。
…で、そんなこんなで、売り言葉に買い言葉的に、言っちゃったんですよ、「わかった、じゃ、しないつもりだったフライングやるよ。それで陰性だったら、判定日の予約変更するよ。」って。そう、「やらない」って記事をあげたばっかりで、一転、恥ずかしいです。でも、やっちゃったんです、フライング。。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク