サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

「本当に欲しいものはそう簡単には手に入らない」

f:id:sanchan22:20171101220253j:plain
黄体ホルモン補充が始まり、いよいよ通算7回目の移植までカウントダウンです。今回の黄体ホルモン補充は、お久しぶりのルトラール。この移植を終えると、もう残っている凍結胚盤胞はありません。「今回、もしダメだったら…」、と考えないわけではないのですが、今は極力、先のことは考えないで、今回の移植で卒業!というイメージを強く持とうとしています。そんな私の今周期の応援歌は、スガシカオのアストライドという曲です。耳に残ってダウンロードしました。「本当に欲しいものは、そう簡単に手に入ったりしない。もうちょっとって何度も手を伸ばしたんだ」、うんうん。「この傷から出たひどい膿を全部シールに変えて365枚たまったら引き換えるんだ、とびきり新鮮な希望と誰にも負けない勇気に」って、ここのフレーズ聴くと、日常あちこちにあるチクッと浮かぶ自分のなかの嫌な瞬間を思いだします。例えば、電車のなかで妊婦マークのキーホルダー付けている人を見ると無意識のうちに目を反らしたり、友達から妊娠や出産の話を聞くと「おめでとう」って言いながら、顔が笑っていないんじゃないかと心配になったり。卑屈な気持ちだったり、嫉妬だったり、羨望だったり。こういうのが、自分にとっての「ひどい膿」だなーと思って。治療を始めてもう2年は経つから、365枚どころか700枚はたまってるわ、このシール、笑。今、これを「とびきり新鮮な希望と誰にも負けない勇気に」変えて、移植にむかおうと思います。何度だってやり直せばいいー♪何度だって恥ずかしくはないよー♪♪
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク