サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

ヘパリンやめてみてもいいですか?

f:id:sanchan22:20171025215642j:plain

着床の窓はズレていなそうだということで、移植スケジュールは、従来どおりとすることが決まった。でも、それじゃ、まるっきり前回、前々回の治療と一緒。結果まで同じになっちゃうんじゃないのー⁈ そこで、思い切って、ずっと思っていたことを、自分から提案しました。「先生!ヘパリンやめてみてもいいですか?」って。前のクリニックと一番大きな違いは、移植の夜から毎日12時間おきにヘパリン注射打ってることじゃないかって思ってた。ヘパリンが悪い影響を引き起こしているんじゃないかと疑ったというよりは、ただ単純に、着床までは成功していた前のクリニックのやり方に近づけたかった。ヘパリンについては、いろんな意見があるようだから、先生、気分を害するだろうかとちょっと心配したけど、大丈夫!不育症検査の結果を再度確認してくれて、「うん、それも、ひとつの策として、ありですねぇ。着床が確認できた時から開始することにしましょう。」と言っていただきました。よーし。で、この勢いで、SEET法も辞退。何が正解かはわからないけど、このクリニックにきてから始めたSEET法、私は全然結果でてないからです。SEET法しなかった前のクリニックで2度着床してるわけだから、こっちに合わせたい。これも先生、了解してくれました。ふーーっ、これで、だいぶ前のクリニックのやり方に近づいてきました。小心者だから、ひとつの主張をするのにも、結構、気を遣っちゃいます。おかしいですよね、自分の治療なのに、苦笑。やっと、リアルタイムに追いついてきました。次はリセットからのD3、移植周期開始日のこと書きます。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク