サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

最悪の結果を想定してクリニックへ

f:id:sanchan22:20171017090326j:plain

出張が終り、また治療の日々に戻ってまいりました。まずは、6回目の採卵の凍結結果を聞きにクリニックへ。冷たい雨が降っていて、自分史上最悪の結果を聞きにいくにはぴったりじゃない、この暗い空模様、なーんて思いながら。前にこの記事に書いたとおり、受精成績が散々だったから、もう「胚盤胞ゼロ」の覚悟はできていました。

待合室で待つこと1時間。培養士さんに呼ばれて診察室に入ると、なんと、デスクの上には「胚盤胞」の写真が!! 着席する前に、叫んじゃいましたよ、「えっ、胚盤胞あるんですか?!」って。すごいですよね、前回も前々回も6個ずつ胚盤胞ができていたのに比べたら、今月の1個って明かに激減してる、苦笑。なのに、最悪の結果を想定して行ったから、1個あるだけでフツーに嬉しい。けど、そんな私と対照的なのは先生。「んー、今回はいつもに比べてだいぶ悪かったですねぇ。。」と厳しい顔。そして、猛然と改善策を語り出す。 ここのクリニックの先生は、問題があればあるほど本領発揮するみたい。「HCGの注射が合わないのかもしれない。次は変えましょう。トリガーもダブルトリガーにして、それから、イノシトール飲んでましたっけ?これも追加して、あとは、えーと…」、ひたすら次の採卵にむけての作戦をカルテに入力する音が響く、カタカタ、カタカタ。。やめてー、次の採卵の話なんて、やめてー。先生、だって、もう採卵は必要ないでしょ⁈ わたしは、今度こそ、今度こそ、次の移植で卒業するよー。先生を遮って、断言しました。「先生、私、次、移植にしますからっ!!」って。 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

プライバシーポリシー

スポンサーリンク