サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

待って待って、待ち焦がれる採卵日

f:id:sanchan22:20170904223313j:plain

世の中、おめでたニュースが続いていますね。「やっぱり若い夫婦は早いわー。この前結婚したと思ったら、もう妊娠発表だもんねぇ。。あら、こっちは、デキ婚?!  23歳?若い、若いわー。。」なんて、テレビ見ながら、ブツブツ言ってる今日この頃、、ってこれ書いているそばから、今度はイギリスでオメデタ話ですかーーー!キャサリン妃、第3子妊娠、おめでとうございます。

で、自分の治療はいよいよ採卵期も終盤ですが、、っていつまで採卵期やねーーん。そうなんですよ、、今回、遅い、遅い、遅い!卵胞の成長が遅いのです。いつもだったら、今頃は採卵終わって乾杯している頃なのに、今回はだいぶのんびりの卵ちゃんたち。心配になってきたところで、先生に訊ねたところ、最初にFSHを下げる調整をしたから、その分後ろにずれているだけ、問題なしとの見解。なんと、なんと、採卵予定日はD19です。だいーーぶ、じらされています。、、が、嬉しいことに数は着々と増えてきていて、今日現在10mm以上の見えている卵胞の数は左右あわせて12個。成熟卵1個につき200pg/ml程度が適正と聞いたE2の値も2700を越えて、自分史上2位の数値です。採卵日が遅れるぶん、注射の日が増えて、正直、身体的にも経済的にもキツイんだけど、、、その分、たくさん良い卵が採れると信じてがんばります。。

 

スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー

スポンサーリンク