サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

悲報、FSHが20を越えました、、。

f:id:sanchan22:20170829192931j:plain

これまで4回採卵してるけど、採卵周期は毎回、「ホルモンの値は問題ありません、採卵周期を開始できますよ。」この一言で始まっていた。当然、この日もそうだと思ってました。ところが、、、。
先生開口一番、「あのねぇ、FSHがあがってるんですよ。20越えてます」。えっ、、あれ、、FSHってたしか、10以下が望ましいんじゃなかったっけ⁈ 初めての指摘にパニック。血の気が引くよ。待合室に戻ってから、猛検索。げーっつ、FSH 20越えたら、閉経間近って、書いてあるやーん。閉経?閉経?目を疑うよ。さんちゃん42歳にして、ヘイケイですか⁈ 10切らないと採卵見送るクリニックも多数あることが判明。ドヨヨーン( ̄ー ̄) それを伝えたところ、看護師さんはニッコリ微笑んで言いました。「うちは、そういうクリニックではありません」と。そう、これまでも、前周期の卵胞が残ってしまったとき、内膜が薄いとき、いつも魔法のように解決していただきました。1周期も無駄にさせない執念を感じさせるクリニックです。で、今回も魔法の注射登場。その日のうちにエストロゲンの注射をぶすっと打たれました。これでFSHが下がりますから、2.3日空けて、卵胞刺激の自己注射スタートしてくださいとのことでした。この日に見えた卵胞の数は8個。ヒヤヒヤもののスタートですが、こんな調子で、5回目の採卵周期はじまりました。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー

スポンサーリンク