サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

原因は着床の窓問題?! それってホントー⁇

f:id:sanchan22:20170824232936j:plain 

重い腰をあげて、行ってきました、クリニック。前に進むためには、戦略を立てなくちゃね。
 
さんちゃん:「今回、なんで、着床しなかったんでしょうか?着床する可能性の高い胚だったはずが、2度連続でダメでした…」
 
先生:「誤解しないでくださいね。高いとは言っても、もちろん、100%じゃないわけですから。なんらかの要因としか言いようがありません。」
 
さんちゃん:「免疫の問題ってことはないですか?身体が異物だと思って受け入れられないことがあると聞きます。聞いたところによると、タクロリムスを服用すると良いとか?」
 
先生:「あぁ、それね。まだエビデンス不十分です。それに、あなたの場合、検査の結果、異常ないし、そもそも今年1月に妊娠してるから、あり得ません。」
 
さんちゃん:「…。では、内膜の検査もした方が良いんでしょうか?」
 
先生:「うーん、それも今年1月に妊娠してるから、まずあり得ません」
 
(さんちゃん心の声) くーっつ。じゃ、なんなんだよー⁈ 落ち着け、落ち着け、、。
 
さんちゃん:「確かに、前のクリニックでは4回移植して、全くの陰性は1回だけなんです。それなのに、転院してからは、2回とも、まったくかすりもしてません。」
 
先生:「そうですねぇ。それでは、次は、前のクリニックとまったく同じやり方で移植してみましょう。前のクリニックで移植何日前から、何の薬で黄体ホルモンを補充して、移植日当日は何時に移植したのか、詳細な情報をください。あなたの着床の窓が極端に狭いのかもしれません。」
 
(さんちゃん心の声)ふー、やった、やっとひとつ、可能性を聞き出せた。
 
さんちゃん:「ハイっ!準備してスグ持参します。」
 
先生:「いや、もう凍結胚はないですからね。また採卵からなので、採卵周期の間に持ってきてくれればそれで十分です。また移植できる受精卵を作らないと。次は生理3日目に来てください。」
 
ガクーっ。そうやった。前のめりに移植の相談してるけど、また振り出しに戻ったんだったー。。はい、また、生理3日目に出直します、、。前のクリニックは今通っているところと違って、移植周期にはスケジュール表が渡されていませんでした。今、思えば、ちゃんと自分でその都度、記録をつけておけば良かったのですが、、。マメな皆さんは、きっとやってますよねσ^_^;
と、そんなわけで、昨年、確定申告のために取りまとめた昨年の領収書をひっくり返して、過去の記録を一覧表にするという仕事から始めます。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 
 
 
 
 
プライバシーポリシー

スポンサーリンク