サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

気がつけば移植もこれで6回目。。

f:id:sanchan22:20170811153452j:plain

お盆休み、満喫してますかー?私は、6回目の移植を終えてきました。1回目の移植で妊娠した頃は、まさかこんな風に、6回目の移植を迎える日がくるなんて想像もしていませんでした。
数年前、夫婦でペアのレースに出場したことがありました。トレランのレースで50kmの山道を、制限時間12時間だったかな、3つぐらいの山を越えて、ふたりでゴールを目指して走るレースです。ペアの部なので、一緒に走らなければいけません。スタートする前から、夫の走力的にはまったく問題なく、私の走力では、制限時間内にゴールできるかどうか微妙なところという見立てでした。緊張したままスタートを切ります。私はスタート直後から、これで50kmはとうていもたないと思えるほどの全力疾走。それでも、やっぱり、刻々と制限時間が迫ります。最後には膝も痛み出し、まずい、もうダメだ、間に合わないと半泣きに。ダンナさんはそんな私の背中を、まるでエンストした車のように、後ろから両手で押して山道を走ります。大丈夫、間に合うから!と叫びながら。。
最近、このレースのことをよく思い出します。そう、5歳年上の私が足を引っ張っている不甲斐なさ、情けなさが、なんとなく今の不妊治療と重なるんですよね。。仕方がないことだけど、歯痒くて、、、。あ、レースの結果ですか?無事、ゴールできたんですよ。ビリから2番目でしたけど、笑。
今回移植したコは、5日目胚盤胞 グレード4AB。内膜も無事、8.6mmまで復活してました。不妊治療も、時間はかかったけど無事ゴールできたね、と健闘を称えあえる結果となることを強く強く願います。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 
 
プライバシーポリシー

スポンサーリンク