サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

えっ、内膜を厚くする注射⁈

f:id:sanchan22:20170809103116j:plain

ガーーンΣ(゚д゚lll)SEET法のために受診したところ、数日前に8.2mmあった内膜が、な、な、なんと、7.4mmに減っていた。どうしてーーっ。あー、ここ数日、仕事忙しくて、ごはんちゃんと食べなかったからかなぁ、、。内診から診察までの間、悶々と反省と後悔と落胆でモヤモヤモヤモヤ。そして診察。「ホルモン値は問題ないです。ただ、内膜がねぇ、、」。やっぱり指摘される。「そうですよね、減っちゃって。」と暗い顔で尋ねたら、先生はあっさり言った。「エストロゲンの注射打てば、すぐにぐーんと厚くなりますよ。打っときますか?」って。は?は??前のクリニックでは、内膜の薄さが原因で、移植延期になった経験もある。なのに、なに、その、あっさり、注射って?そんなことで簡単に解決しちゃうの?「尿が溜まってましたし、そのせいで薄く見えたのかもしれない。7mmあれば移植OKですから、別にこのままでもいいですけど、どうします?」って訊かれた。即答、「打ってください、打ってください。心配ですから、打ちたいです。」と。それはそうと、知ってました?尿が溜まってると内膜が薄く見えるって。治療に励む同士の皆さん、内膜測定の日は、ぜひ内診直前にしっかりトイレへ!、、って、なんか減量に励むボクサーみたいですね、笑。

それにしても、永遠の課題かと思っていた内膜の厚さについて、こんなにもあっさりと解決法を提示され、なんだか正直、半信半疑。内膜の厚さで悩んでいる方、きっと多いですよね?! この魔法の注射の効果は、結果がわかったら、また改めて報告しますね。いよいよ次は移植です!!

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村