サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

判定日は解禁日?!

f:id:sanchan22:20170719233752j:plain

BT5のあと、BT7にもフライングして、もう陰性は決定的だった。だから、判定日に先生から陰性が告げられても、今さらのショックもなんの驚きもなかった。むしろ、楽になった。着床していないと確信してからの投薬と注射がほんとうに苦痛以外のなにものでもなかったから。黄体ホルモンの補充を続ければ、リセットを遅らせるだけだし、ヘパリン注射だって、お腹やお尻が無駄に痣だらけになるだけ。止めたい、止めたいって毎日思ってた。だから、あー、これで薬と注射から解放される、そう思った。

そして、何よりも訊きたかったのは、「かなり高い確率で妊娠します」とお墨付きをもらっていた今回に限って、なぜ、着床どころかかすりもしなかったのか、ということ。検査も投薬も過去に比べて、ずっと手厚くした。胚のグレードも良かった。これ以上何が足りなかったのか、って。先生も渋い顔してた。期待していた気持ちはよくわかる、今回の胚がそういう胚だったとしか言いようがない。これ以上、改良する点、対策をとれる点は見当たらず、あとはもう、回数を重ねる以外方法はないと。
あーー、もうつくづく、つくづく、不妊治療は我慢くらべみたいだな、って思います。ハードルをいくつもいくつも越えて、かすかにゴールが見えたのかなって思ったところで、足首つかまれて、バタッと倒れて、ズルズルズルーっつとスタート地点に引き戻されていく。で、また立ち上がって前に進む。そんな感じ。
がんばれ、じぶん。がんばれ、じぶん。今日はもうビール飲んでもいいからねー、笑。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 
 
プライバシーポリシー

スポンサーリンク