サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

この胚盤胞に夢を託していいですか?

f:id:sanchan22:20170525224543j:plain

採卵終わってから、ずっと思ってた。ホントに転院してよかったのかなぁ、って。結局、前のクリニックの半数くらいしか採れてないでしょ。それに、初期胚の時点で前は、グレード1と2ばっかりだったのに、今度のクリニックではグレード3が大半。分割数も、前のクリニックでは8分割してた3日目に、今のクリニックでは7分割。ちっ、なーんもいいことがない。もっと言えば、家から遠くなったし、前よりも高額だし、前よりベルトコンベアーみたいな診療だし、、。ぶつぶつ、ぶつぶつ、、。

しかーし!!凍結確認に行った日に、私の考えは180度変わりました。なぜなら、目の前に、凍結胚盤胞グレード 6AA の文字が!キターーっ。途端に、あー、やっぱり、転院って必要だわー、もっと早く転院しておけばよかったーっだって。我ながら、どの口が言ってるのとツッコミたくなる(^^;) 凍結胚は6日目胚盤胞6AAと、5日目胚盤胞3ABの2個。個数は少ないけど、アルファベットの部分が、いずれも私にしては今まで目にしたことのない好成績。振り返れば、前のクリニックでできた胚盤胞は計7個。このうち1番良かったのが、4BBの1個で、それ以外は6個ぜーんぶ、4BCか3BCだった。Aなんてアルファベット、見たことも聞いたことなかった。培養液とか、培養環境の違いなんでしょうか。いや、わかってますよ、先生も言っています。見た目が良くて、グレードが良くても、染色体異常のこともあるし、その逆もあるって。先生、私も治療をはじめて、そろそろ2年。そのくらいの知識はございます。でもね、でも、今日ぐらいは、この胚盤胞に夢を見せてもらってもいいですよね⁈
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村