サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

採卵結果判明! 先生が教えてくれたとっておきの情報 ⁈

f:id:sanchan22:20161228202430j:plain

うつむいた顔があげられない。睨みつければ印字された文字が変わるとでも思っているかのように、グレードの表記から目を離せなかった。そこにはこう書いてあった。

「凍結胚3個:4BC、4BC、3BC」 って。

自分:・・・。グレードが、、良くないですね。。

先生 : そう?僕はそれでいいと思うよ。
自分: でも、、、みんなCがついてる、、。もっと良かったらいいんですけど。。
ちょっと嫌な沈黙になった。先生は私の反応を不服に思っている空気があった。
でも、、どうしようもなかった。隠しきれない落胆した気持ちがあった。
先生: そう?そんな風に言うなら、特別に、いつも患者さんに話していない、とっておきのことを教えてあげましょうか。
自分: はいっ! (前のめり。何?何を教えてくれるっていうの??)
先生: あのね、実は、グレードというのは見た目だけの評価なんですよ。人間の主観で判断した良さであって、本当の胚の力ではないんですよ。本当の胚の良し悪しは見た目ではわからないんです。だから、見た目がAとかBだって、ダメな時もある。研究会や学会では、そういうことが発表されてわかってきているんですよ。
自分: …。わかっとるわーーっつ!!研究会や学会に行かなくとも、ヤフーやグーグル先生でも、そんなこと十二分に教えてくれるわ。先生のバカ、バカーーっつつ、大泣。
…と思った。そう叫んでジタバタと泣きたかった。だって、初めての顕微授精で、5BBで妊娠して稽留流産した。だから、そんなの、なんの「とっておきの情報」でもなかった。でも、先生があんまり大真面目にそれを語るから、もう何も言えなかった。相変わらず、不満げな私に対して、先生は、トドメめように言い放った。
先生: この胚は十分妊娠する可能性のある胚です! だから、グレードが悪いと言って、二個同時移植とか、絶対にしません。一個一個大事に移植していきます。
人間、欲張りですよね。最初は「1個でも胚盤胞になっていますように~!」、って願っていたのに、「3個凍結できています」、って聞いたら、今度は、少しでもグレードが良いことを願ってしまう。今年1年、何の病気も怪我もなく、夫婦ともに元気に年を越せる、ただそれだけで、本当はものすごく幸せなことなのに。
皆さんはどんな風に年末を迎えていますか?1年通して、泣いた日もあったことと思います。溜息もついたでしょう。人を羨んだこともあるでしょう。今日まで精一杯頑張ってきた、そんな自分を1番良く知っているのは自分だと思います。どうか身体を労わって、リラックスして、良いお年をお迎えください。。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 

 
 
 
 
プライバシーポリシー

スポンサーリンク