サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

晴れた日曜、腫れた卵巣、明日は採卵

f:id:sanchan22:20161218182618j:plain

数日前から、歩くと、お腹にズキーンズキーンと響く鈍痛が。。先生は、「そうでしょ、そうでしょ、結構、卵できてて、卵巣腫れてるもん。」って、いたく満足げな表情。そのうえ、「どうする?今周期、移植もやっちゃう?」ってノリノリ。えーーっ、子宮の調子が悪いから、移植は来周期にしようって言ってませんでした(;'∀')?!

実は、前回、採卵当日から数日間、ものすごい痛みで歩くのもやっと、っていう感じだったので、採卵に対してすごい恐怖心があります。あの体調で移植ができるとは思えない。だから、今周期の移植は丁重にお断り。先生は、「前回のロング法に対して、今回のアンタゴニストは採卵後の痛みは少ないはず、でも、ある程度の覚悟はしておいてね」、とニッコリ。おぉ、怖っ。。

前日の今日は気持ちの良い快晴でしたが、明日の採卵に向けておとなしくしています。明日からの激痛を覚悟して、OS-1を山ほど買ってきました。仕事も休みを取りました。足のマニキュアも落としました。22時から絶食し、明日は朝からクリニックへ向かいます。くしくも今日は、5月に流産してしまった子の出産予定日。明日、再び、卵子として舞い戻ってくるんだと信じて、痛みに耐えようと思います。

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

にほんブログ村