サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

超絶不器用な私が自己注射を選べたワケ

f:id:sanchan22:20161211224118j:plain

2月に初めて採卵周期を経験したときは、「絶対無理です!」と先生の自己注射の薦めを断って、雨の日も雪の日も土曜も日曜もクリニックに通い続けました。不器用なうえに、ビビリで針が刺さっていく瞬間さえ見ていられないもので、、。その時はロング法だったから、2週間くらい。正直、結構しんどかった。通院そのものよりも、毎日きっかり定時に仕事を上がり続けることが辛かった。気のせいかもしれないんだけど、忙しいときの、「えっ、帰るの?」みたいな同僚の目が、、。

でも、2度目の採卵にあたる今回は自己注射を選べました。なぜなら、ひとのブログを読んで、夫に打ってもらうという手段があることを知ったから。私の不器用さを十二分に知っている夫が反対するはずもなく、講習からダンナとふたりで行きました。注射器のセットの仕方から全部、ダンナが覚えます。私、隣で見てるだけ。

看護師さん:「ご主人、器用だわー。すごい器用。お仕事は薬剤師さん?」

ダンナ:「ちがいます。」

看護師さん:「あら、違うの。落ち着いてるし、すごいわー。上手。」

看護師さん:「あ、奥さん、」

おぉぉ、ようやく呼ばれた、私の出番がきた!!

看護師さん:「奥さん、奥さんはね、肉もってください。」

肉ーーー、肉って、、、。

ジブン:「…はい。」

たっぷりある脂肪を挟んで持ち上げた。

今は、毎日毎朝、これが夫婦の儀式です。 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー

スポンサーリンク