サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

婦長さんの母のような温かさがありがたい

f:id:sanchan22:20161206223407j:plain

いろいろ迷って、考えて、検索して。でも、最後はやっぱり先生にもう一度、相談してみようと決めました。ピルのおかげか、漢方薬のおかげか、不正出血が止まって、気持ちが少し上向き始めた先週のことです。

先生には、次回は生理が始まってから受診するように言われていたのに、それを待たずに予約。「もう一度、話を聞きたいので問診だけお願いします」って。そんなこと初めてで、少し躊躇したけど、モヤモヤしたままではいられず実行。当日は夫にも一緒に来てもらいました。ふたりで聞いて、ふたりで納得して前に進んだほうがいいだろうと思って。すぐに問診室に通されるかと思いきや、別室へ。まず、話を聞いてくれたのは婦長さんだった。「どうしたの、さんちゃん。お話聞きたいなんて来たから、心配になって。まずは私に話してみて。」って。いつもながらお母さんのような優しさ。不正出血が続いている状況で採卵しても良いものか迷っていること、卵子の質が改善されるなら、そのために1周期休んでも良いと思い始めたことを伝えた。すぐによく理解してくれて、子宮と卵巣は別の器官だから心配ないよ、と答えてくれた。そのうえで、先生にも要点は伝えておくけど、自分の言葉で今の話をもう一度、先生に話してごらん。それで納得できたら、そのとき前に進めばいいんだから、って背中を押してもらって問診室へ。つづく。。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

にほんブログ村