サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

3回目の移植が終わって、あとは笑って、笑って、時々祈る。

 f:id:sanchan22:20161027203423j:plain

10月とは思えない暑い暑い秋の日に3回目の移植が終わりました。

振り返れば、採卵をしたのは2月のこと。その後の移植は、3月(陽性⇒稽留流産)と8月(陰性)。排卵は月1回で、妊娠のチャンスは年に12回!昔はそう思ってたのに、結局今10月にして、やっと3度目のチャンスか…。いや、いかん、いかん、そんな風に考えちゃいかん。
この日は、朝から何度も声にだして呟きました、「今日はきっと上手くいく」って。
だって、今日はびっくりするような快晴だよ。前回の移植日は台風だったのに。
だって、、今朝見た占いが、「今までの努力が実る日です」って言ってたよ。
だって、、、さっきすれ違った子供が微笑みかけてきたもん。
もう、なんでもかんでもプラスに考えてクリニックに向かいました。
移植の担当看護師さんは、前もやらかしてくれた例の彼女↓↓

彼女が手術台で横になっている私に、丁寧に丁寧に、パンツを前後ろ、逆に履かせてきたときも、なにー、履き心地悪いっつーーの、はこらえて笑顔、笑顔。オモシろいじゃん、コントみたい。移植後は笑うのが良いらしいからね。

あとは判定日まで、豆乳飲み続けながら、祈るだけ。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 
 
 
プライバシーポリシー

スポンサーリンク