サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

また、いつかここに戻ってきます!

f:id:sanchan22:20160704232945j:plain

「俺、だいぶ慣れてきたよなー、今日は先生に質問までしちゃったよー。」診察室から出てくるカップル、がたいの大きなダンナさんが、優しそうな小柄な奥さんに話しかける。奥さんは優しく微笑んで、頷いてる。お腹はだいぶ大きい、きっと何度もふたりで診察に来てるんだろうなー。もうこんなキラキラした光景を目にするのはこれが最後。産院での流産後診察の最終回です。

基礎体温をつけたグラフを見せて、二層になっていることを確認してもらい、それから内診台に上がってエコーで子宮や卵巣を見てもらいました。先生、何度も言います、モニターを見ながら、「綺麗です、とっても綺麗です。」、「とても綺麗で、木の葉のようです。」って。そう、それは、もう、まるで、自分の作品を眺めてる芸術家。

凡人の私には、モニターに映るどのあたりが「木の葉」のようなのか、1ミリもわかりません・・。それでも、先生がとっても満足げな様子をみて、ひと安心。

内診を終えたら、先生から最後のお言葉。もうすぐ排卵日がくるけど、それは避妊してやりすごしてください、と。それから、「あなたの子宮、かなりの後屈ね。排便時に痛まない?」って訊かれた。帰り道にスマホで調べたら、子宮が後屈だと排便時や性交時に痛むことがあったり、生理痛がひどくなりやすいことがあることがわかったけど、こんな風に訊かれたのは初めてのこと。子宮が後ろに反っていることで、精子が入って行きづらいことがあることから、このタイプ場合、タイミング法の人は、タイミング取った後、うつ伏せで休んだ方が良いんだって。タイミング法やってる頃、これ知りたかったわー。

最後、診察室を出るとき先生に言いました。「いつかまた、ここに戻ってきます!」って。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村