サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

2度目の稽留流産

先生の優しいコトバに覚えたふたつの罪悪感

「よく我慢したね。綺麗になってるよ。」、「いっぱい血がでたでしょ。血が止まらなくなっていった時、どんな気持ちだったかすごくよくわかるよ。」 2度目の流産発覚から2週が経った今日、内診した先生が最初に言った言葉です。先生の温かい言葉に、開脚し…

 泣かないと決めていたのに結局、泣いた。

「悲しい思いをさせてしまうけど、、」と、先生がカーテンを上げて、エコー画面の説明を始めた。先週よりも、ずっとずっと小さくなった胎芽の姿が映し出された。ある程度、覚悟はできていた。静かに返答して、内診台を降りた。 気持ちも表情も固まったまま、…

ありふれた日常にあこがれて

「来週、胎芽と心拍が確認できれば大丈夫だから」と先生に言われて1週間。裏を返せば、「来週、胎芽と心拍が確認できなければ諦めて」ということよね。そこから、とてもナーバスな1週間が始まった。 例えば、電車が動きだすとき、ホームにちらっとバッグに「…

考えてどうにかなるものではないとわかっているけど。

気持ちが落ち込んでしまって、どうしようもない。 エコーをみる先生が一瞬、沈黙した。いやな沈黙。 6w5d、胎芽が見えるはずが、胎芽は見えず。 胎嚢も12.6㎜とだいぶ小さい。 「先生、これって、、、?」 「来週、胎芽と心拍確認できれば、それで大丈夫だか…

神さまに手を合わせるひとの想い

昨年、流産してしまったときの自分は、本当に無邪気だった。今つくづくそう思います。先生の口から「陽性」の言葉を聞いたその週のうちに、両親、義理の両親だけでなく、ちょうど食事会で集まる機会のあった親戚にまで、そのことを報告し、みんながそれはそ…

幼い子どもの不思議なチカラ⁈  

先週末のことです。夫と友人と3人で少し遠出をしていました。帰りの特急電車、途中で停車した駅でふとホームを見ると、乗車予定の列車でも待っているのか、ちょうど私たちの席のあたりに2,3歳くらいの女の子と、も少し大きなお兄ちゃんとパパの3人組が立って…

夢が夢でなくなった日

ここ数日、体調も気持ちも、ジェットコースターのように、上がったり下がったりしていて、文章が書けないでいました。今日は気持ちが少し落ち着いたので、その日毎の気持ちを振り返って、できるだけ冷静に記録します。 BT5で明け方フライングの夢をみたこと…

切なすぎる、ループしてみる陽性反応の夢

「あー、うっすら線が見えるよー!!」、なーんだ夢かー。さっ、ホントに起きてやってみるかー。あれ、ホントにうっすら線がでてきたよ。今度こそ、夢じゃないよね、これは夢じゃないよね。あれ、、それとも夢⁈ 明け方、こんな夢をずーーっと見てた。真夜中…

BT3にして、落ち込んでいく気持ちが止められない。

足の付け根のチクチク?ない。胸の張り?ない。頭痛?腹痛?? ない。ない。 まーったく、なんの感触もない。それどころか体温が36.5度を超えることがない。しかも、移植当日から日々、刻々と下がっていく。もう1年くらい基礎体温をつけているけど、高温期に…

プライバシーポリシー

スポンサーリンク