サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

妊娠中も不安な気持ち

台風が来てますね。皆さんのお宅のあたりは大丈夫ですか?私は雨のなか、妊婦健診に行ってきました。実は、もう妊娠中期の頃から、「胎児が大き目ですねー。」って言われてたんです。標準の2週先くらいの体重ですって。精密エコー検査の時にも、やっぱり「大…

不妊ブログを始めて2年、妊娠9ヵ月を迎えました。

先日、はてなブログから「さんちゃんさん、ブログ開始から2年が経ちました」っていう通知メールが届きました。ブログを始めたときのことを、今でもはっきり覚えています。初めての稽留流産で泣いて泣いて、どうしようもなく落ち込んで、指先が絶え間なく、ス…

妊婦になって思うこと

産休入りまで残り約1週間となりました。9ヶ月を前にお腹はだいーぶ大きくなって、しゃがんだりすると、お腹につっかかる感じです。で、そうなってくると、約30分ほど乗っている通勤電車、立ちっぱなしだとツライ!お腹が重い!!そんなとき、すっと席を譲っ…

不妊治療再々出発から1年

みなさん、GWはいかがお過ごしでしたかー??ブログを長く続けていると、はてなブログから、ちょうど1年前の今日、あなたが書いた記事っていうメールがたまに届きます。Facebookと同じような感じで。で、連休中に届いたのが、この記事でした。「不妊治療が再…

糖尿病の精密検査へ

行ってきました、糖尿病の精密検査。前夜から絶食で、お腹ぺこぺこ。また炭酸水飲まされて、ぴったり1時間後と、さらにそのまた1時間後に採血しました。ひたすら、ボーーーっと待合室で過ごす。そこでずっと気になっていたのが、隣の席の親子。お母さん二人…

えーっ、妊娠糖尿病⁈

家に帰ってポスト開けたら、産院から封書が届いてた。えっ、ナニ?開けたら、「なんとかかんとか陽性のあなたへ」って書いてある。あ、なんかダイレクトメールかな。病院もこういうの出すんだー。ん?んん?違う!「陽性」って検査結果のことやーん。腑に落…

キャサリン妃第3子出産!

すごーい、出産して数時間後には退院しちゃうの?出産って、富士登山何回分かの体力使うんじゃなかったのー⁈全治数ヶ月の重症くらい体力なくなるんじゃなかったの⁈しかも、キャサリンさん、お綺麗です。赤いワンピースがよくお似合いで。うーん、3人目ともな…

初めて席を譲られた日

なんとなくお腹が苦しいなぁと思ってた朝。便秘のせいもあると思うんだけど、お腹がパンパンな感じで。そんな日に限って、通勤電車の座席がなかなか空かない。うぅ、苦しい、やだなぁ、と思ってたその瞬間、前の座席のマスク姿の女性がすっと立ち上がって席…

どうする、どうなる、私の産休!

あーー、もう大変ですね、産休を取るって。その間の仕事を引き継ぐために派遣社員の方をお願いしてのですが、1週間で消えてしまいました。1週間、私なりに一生懸命、仕事を教えました。PCが苦手って言うから、メールの設定から、エクセルの初歩的な使い方ま…

お久しぶりの不妊治療クリニック!

今日は、使用済みの注射針の返却で久しぶりにクリニックへ。クリニック卒業後も、不育治療のため、16週までずっと自分たちで毎日ヘパリン注射を打つように言われていたので、針捨てボックス、自宅に置きっぱなしだったんです。たった3ヵ月ぶりなのに、なんだ…

桜の季節になりました

桜の季節になりましたね。皆さんの街でも、もう咲いてますか?私の住む街では、今が見頃です。桜の季節がやってくると、いつも、「あー、もう1年経ったのか。」と、自然と、過去の同じ桜の季節のことを思いだします。ちょうど去年の桜の頃は、2度目の流産を…

ドラマ 「隣の家族は…」観てますか?

話題になってますよね、不妊治療の様子が描かれているドラマ「隣の家族は青く見える」、治療中の方、治療卒業生の方、、みんな観てますか?私は、チャンネル回してる時に、チラッと目にして、噂通り、赤裸々に治療法のこととか説明してるシーンを目にしたこ…

春一番が吹いたけど。。

長い長い治療期間、なんとか、着床さえしてくれればって思ってた。大げさに言うと、着床さえすれば、バラ色の世界が待っている!みたいな。でも、違った。着床した喜びと同時に、今度こそは、もう失いたくないっていう大きな恐怖というか不安感が襲ってきた…

不育治療が報われた日

このブログを、今も治療中の方が読んでくれているのがとっても嬉しいです。治療している人の励みになれば、と思って始めたブログだから。治療をしているときって、ホントにこの治療方法でいいのかなぁって半信半疑になることありますよね。それは、人によっ…

義母から告げられた衝撃の事実・パート2

ずっと読んでくださっている方は、この記事覚えてくれているでしょうか。 ↓↓ そう、30代前半の義理の弟夫妻も不妊治療してたっていう話。私たちは、治療してたこと話していなかったのですが、彼等はマメに両親に状況報告してたみたい。で、ちょっと報告が遅…

不妊治療クリニック卒業

16週を迎える数日前にその時がきました。不育治療があったから、不妊治療クリニックにしては、だいぶ遅い卒業です。「卒業おめでとうございます」、先生や看護師さんに言われて、それでも、まだ実感沸かない感じ。今のクリニックは昨年3月からだから、ほぼ1…

職場への報告の時

一昨年、初めて妊娠したときは、8週くらいで上司に報告していた。上司は、「おめでとう」って喜んでくれて、「みんなに公表するのは、安定期に入ってからにしましょう。今は、黙っておきますから。」って言ってくれた。そして、その数日後、流産した。あれか…

出生前診断、NIPTの結果発表

結果が出るまでの、この2週間、永遠かと思うほど長かったー。ヘパリンのせいで、判定不能の結果がでるかもしれない、その場合は1週間ほどで電話で連絡しますって聞いていたから、まずは、携帯ばっかり気にしてた。1週間が過ぎると今度は、さらに1週間後の結…

代理母のニュースをみて

丸岡いずみさんの代理母出産、ニュースになってますね。不妊治療中、不妊治療卒業生の方は、どんな気持ちでみていましたか?その昔、向井亜紀さんの代理母のニュースを知った時の気持ちを今も覚えてます。当時は「そこまでして欲しいの?」って思ったんです…

13週を迎えました

待ちに待った産院での2度目の診察の日がやってきました。ここまで、長かったー。不妊治療歴が長いと、診察が毎週あることに慣れてしまって、診察が4週に1度って少なすぎるーと思ってしまいます。毎日毎日、鏡にお腹を映してみるんだけど、もともと出てるから…

ヘパリンと出生前診断

出生前診断のカウンセリング&採血行ってきましたー。で、ちょっと嫌なことありました。今後、参考になる方がいるかもしれないので書いておきます。私が受ける出生前診断は、NIPT(新型出生前診断)で、血液を採って診断するものです。で、前記事に書いた説…

出生前診断説明会へ

5日間続いた微熱も下がり、ようやく風邪が治ってきました。あー、つらかった。不妊治療クリニックのほうで、「妊婦が飲んでいい風邪薬出してもらえませんか?」って訊いたら、先生、ニコリともせず。「気合いで治してください」って言われましたよ。。さて、…

あけましておめでとうございます

新年早々、すっかり更新が滞ってしまいました。というのも、、、風邪を引きました、泣。いつも以上に気を遣って、うがい手洗いを励行していたはずなのに。いやー、ツライですね。熱は微熱なんだけど、薬が飲めないから、咳と鼻がいまだ止まらず。。イソジン…

43歳で出産するということ

先日の初の産院で、先生に言われたことは、「あなたの年齢での流産率は50%です」ということ。改めて言われると、すごいよね、50%って、、。「ただ、すでに9週まできているので、この段階での確率は50%よりはだいぶ下がっています。」、「今、二つぐらいハー…

初めての産院

産院に向かう道中、いつもはおしゃべりな自分が無口で、いつも無口な夫がよく喋った。夫のおしゃべりは、ホントにどうでもいい内容。Amazonで消毒液を買うかどうか迷っているって話。うんうん、それさ、めっちゃ、どうでもいいよ、笑。適当に相づちを打った…

治療中の同志へ

とうとう産院に行ってきました。そんな話、聞きたくないよ、という方もいると思います。ついこの前までの自分がそうだったから。 昨年5月に流産が宣告された時と同じ産院。最寄駅の改札を出ただけで、ぶわぁーーと、当時の真っ暗な気持ちが鮮烈に思い出され…

着床に効いたおまじない?!

占いとか迷信とかは、あんまり信じないタイプです。でも、旅に出ると、その土地の子宝神社や子宝スポットを巡ってお祈りすることがありました。この夏に訪れたのは、このブログに付けた写真の子宝スポット、久米島にあるミーフガーです。古来から、子宝に恵…

あの日を越えた日

ほっとして涙が溢れた。狭い更衣室、タイツを履きながら泣いてる自分が鏡に写った。滑稽な姿で、ちょっと可笑しくなった。 この1週間は、ホントに長く感じられました。診察の日までの日数を指折り数えて暮らしてた。いつも、なんでも、流産した昨年と比べず…

流産の不安のなかでも、忘れてはいけないことがあった!

ずっと流産が怖くて、せめて、昨年流産した8週3日、これを越えたら、家族や親しい人には妊娠したことを明かそう。産院も予約しよう。そう思ってたけど、7週の診察で、看護師さんに言われました。「そのお気持ちは、よーくわかります。けど、希望の産院決めて…

43歳の誕生日に気づいたこと

不安だ、不安だ、とネガティヴな記事ばかり書いているので、今日は違うお話。よく治療は夫婦二人三脚で、なんて聞きますが、みんなのところはどんな感じですか?うちの夫は、きっと協力的なほうだと思います。休日の診察は必ず一緒に行くし、自己注射は毎日…

プライバシーポリシー

スポンサーリンク