サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。稽留流産の10ヵ月後、2度目の稽留流産を経験しました。スタート地点に出戻ること2回目。歳は42歳になって、再再出発しています。

スポンサーリンク

4度目の採卵周期を迎えています。

f:id:sanchan22:20170606114739j:plain

「はい、これが今抜いた水ですよー。」って注射器を見せられました。ちょっとびっくりするくらいの太い注射器、そこに半分くらいの薄赤色の水。

結局、水を抜いてもらった卵胞は2つ。無麻酔でやるんだけど、一瞬。終わってみると、それほど痛くもありませんでした。診察でそう伝えたら、「フツー、痛がるんですけどね。」と怪訝な顔されました。おかげさまの鈍感力です、笑!で、これにて4度目の採卵周期が始まりました。今回もアンタゴニストです。今周期は仕事が落ち着いていることもあって、前周期よりも体調を整えることに注力しています。1日おきのジョギングや24時前の就寝を徹底。前周期は出張先のホテルで不規則な生活だったから、それよりは良い結果がでるといいんだけど。そうそう、週末ジョギングをしてたら、近所の公園で町内会が古着の回収やってたんですよ。東南アジアでのリユースとか、繊維を使って雑巾にしたり、そこに出せばリサイクルしてくれるとかで。へー、普通に捨てちゃうよりいいよねと思って、「今から持ってきてもいいですか?」って係りのおばちゃんに訊ねてみました。そしたら、「いいよ、いいよー。小さい子の服とかあるんでしょ。持っておいでー。」だって。こういう時いつも思います。気をつけなくちゃ、本人にまったく悪気がなくても、人の心をチクっとさせるひと言ってあるからなぁ。。って。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

えっ、オススメは針を刺すこと⁇

f:id:sanchan22:20170531230745j:plain

胚盤胞になっても、染色体異常のない確率は20%程度らしく、先日の採卵で採れた2個では、まだまだ心許ないということで、先生に連続採卵を薦められました。で、リセットしたんで、また採卵周期を始めようと、クリニックに行きました。ところが、、。
先生: かなり、水が溜まってますね。前回の採卵の残卵胞です。3個もありますよ。他のクリニックだとこれで、1周期見送らせたりしますが、ここでは、オススメは針を刺して水を抜くことです!
いやいやいやいや、先生、「本日のオススメ」を説明するシェフのように涼しい顏で言いますけど、採卵でもないのに針を刺すってどゆこと??
先生: 無麻酔ですが、一瞬です。あなたの場合、3個ありますけどね、ニヤリ。
自分 :無麻酔で3個、、。いつやるんですか?
先生: 今です。
自分: は?今?あの、、まったく心の準備がありません。
結局、hcgも1.0残っていることから、再度、2日後に診察してから判断してもらうことになったものの、ここは展開が早くて、なかなかついていくのにひと苦労なのであります。hcgは1未満なら採卵周期を開始できるそうで、2日後には、下がっているだろうということみたいです。「遺残卵胞」、目にしたことはある言葉だったけど、これがあると、今周期の卵が大きくなってきたときに、見分けがつかなくなるのと、注射しても、その効果が今周期の卵にうまく行き渡らない恐れがでてくるそうです。
自分: 2日後に診てもらったら、これが、すっかり小さくなってるってこともありますかね?ありますよね?ね?
先生: あ、それは、まず、ありえません。
自分 :…。
1周期も無駄にさせないこのクリニックの姿勢には、感服します。尻込みしつつも、覚悟を決めて、なんとか、がんばって行ってきます。また報告します。
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

この胚盤胞に夢を託していいですか?

f:id:sanchan22:20170525224543j:plain

採卵終わってから、ずっと思ってた。ホントに転院してよかったのかなぁ、って。結局、前のクリニックの半数くらいしか採れてないでしょ。それに、初期胚の時点で前は、グレード1と2ばっかりだったのに、今度のクリニックではグレード3が大半。分割数も、前のクリニックでは8分割してた3日目に、今のクリニックでは7分割。ちっ、なーんもいいことがない。もっと言えば、家から遠くなったし、前よりも高額だし、前よりベルトコンベアーみたいな診療だし、、。ぶつぶつ、ぶつぶつ、、。

しかーし!!凍結確認に行った日に、私の考えは180度変わりました。なぜなら、目の前に、凍結胚盤胞グレード 6AA の文字が!キターーっ。途端に、あー、やっぱり、転院って必要だわー、もっと早く転院しておけばよかったーっだって。我ながら、どの口が言ってるのとツッコミたくなる(^^;) 凍結胚は6日目胚盤胞6AAと、5日目胚盤胞3ABの2個。個数は少ないけど、アルファベットの部分が、いずれも私にしては今まで目にしたことのない好成績。振り返れば、前のクリニックでできた胚盤胞は計7個。このうち1番良かったのが、4BBの1個で、それ以外は6個ぜーんぶ、4BCか3BCだった。Aなんてアルファベット、見たことも聞いたことなかった。培養液とか、培養環境の違いなんでしょうか。いや、わかってますよ、先生も言っています。見た目が良くて、グレードが良くても、染色体異常のこともあるし、その逆もあるって。先生、私も治療をはじめて、そろそろ2年。そのくらいの知識はございます。でもね、でも、今日ぐらいは、この胚盤胞に夢を見せてもらってもいいですよね⁈
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 
 

3度目の採卵が終了したけれど、、

f:id:sanchan22:20170521100658j:plain

通算3度目、転院したクリニックでは初となる採卵が終わりました。今、培養中ですが、正直、明るい要素があまりありません。採卵を重ねるたびに、採卵数、グレートともに落ちています。1度目の採卵数は17個、2度目の採卵数は11個、3度目の今回は6個です。今回のクリニックは全身麻酔ではなく、局所麻酔で採卵するので、採卵中に培養士さんの声が聞こえました。「1個目、卵採れましたー」、「2個目、卵採れましたー」って。採卵の痛みもあるんだけど、このカウントの方が気になって仕方なかった。「5個目、採れましたー」まで聞こえて、その後、先生に「はい、終了です。」って言われたときには、ものすごく落胆した。実際は6個だったんだけど、それでも5ヵ月前の採卵にくらべて半数程度の結果。その後の診察のときに先生に訊きました。「同じアンタゴニストで、前回に比べて半数程度しか採れていないのは、流産の影響ですか?」って。先生の答えは、「そうですね、流産を機に減ってしまうっていうことは確かにあります。」、「でもね、採卵までは卵の数が大事とか言いますけどね、1個でいいんですよ。結局、妊娠する卵は1つ。1個いい卵があれば、それで十分なんですよ。」だった。

今できるのは、採卵したこの6個のなかに、その運命の1個があることを祈ることだけです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 

 

挑戦、3度目の採卵周期。

f:id:sanchan22:20170515223202j:plain

不器用すぎて、自己注射は絶対無理だと思ってた。いくら国内で近場だといっても、4泊5日の出張中に通院なんて絶対ありえないと思ってた。
でも、でも、42歳、そんなことを言っている余裕はない。3度目の採卵を前に、初めて自己注射にチャレンジ。出張出発前、これまで注射を頼んでいた夫に何度も何度もレクチャーを受けました。ビビリでいつも目を背けていたから、針が自分の身体に刺さっていく様子を見たのさえ初めてでした。
夜、ホテルの、無駄にムーディーな間接照明のランプの下にアンプルをかざして、ぎこちなくお腹に注射打ってる自分の姿は、なんとも滑稽で、何やってるんだろ、、とちょっと情けなくもありました。
出張先で、上司に真顔で「突然、どうしても外せない急用ができました」と中抜けさせてもらったのも初めてです。家族が危篤かと思われたかもしれません、苦笑。
こうして、今までやったことのないハードルをクリアして、今日ようやく採卵日が決まりました。いろいろやりくりして、ここまできたからには、なんとか結果が出て欲しいです。

衝撃を受けた不育症検査結果

f:id:sanchan22:20170510191630j:image

自分:「えっ、先生、私、不育症だったっていうことですか?」 
先生:「その可能性があります。」
自分:「移植周期に今日説明していただいた対応をしておけば、2度の流産は防げたかもしれないってことですか?」
先生:「そうですね、防げたかもしれません」
…、言葉がでなかった。検査を受けつつも、きっと、胚の異常、老化した卵子の方に原因がありそうですね、で終わるんだと思ってた。私の身体さえ正常だったら、あの胚は今頃、生まれていたかもしれないの⁈ そう考え出すと急に、最初の流産は、大きさもしっかりしていたし、確かに自分のせいかも、、なんて思えてくる。キニノーゲンという数値が基準値を若干オーバーしていて、移植のときは、ヘパリン療法が必要との説明を受けました。やります、やります、なんでもやりますっ!対策が取れることがあるなら、なんだってやります。今のクリニックは検査も多くて、ちょっとでも良くない数値がでたら、どんどんそのリスクをつぶすための対策をとっていくやり方です。
結果にはショックを受けたけど、流産を防ぐためにまだできることがある、改善の余地がある。それがわかって良かったと前向きに考えたいと思います。  

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

嬉しい、治療が再開できるよろこび。

 f:id:sanchan22:20170504084557j:plain

先生:「どの数値も正常範囲内、採卵周期開始できますよ!」

自分:「ホントですかーーーー?!」

・結局、流産してから断続的な黒っぽい出血はずっと続いていた。

・出血が続いていることから、前回10を超えていたhcgが1以下になると思えなかった。

・黒っぽい出血と混ざって、どれが生理だか正直、判りにくかった。

・前日から「胃腸炎」にかかり、体調が悪かった。

・採卵日に当たりそうな日が出張とかぶっていて来院できないことが分かっていた。

以上、こんなにネガティブな要素が満載だったんです。だから、クリニックに向かう道中、夫に話していたんです、「今回、採卵は開始できないって言われる気がするよ。」って。だから、先生のひと言で俄然、テンションUP!

一番心配だった、採卵日と出張の重複は最初に卵の成長を抑制する注射を打つことで、2-3日後ろにずらすことができるんですって。はー、良かったー。これまで通っていた馴染みのクリニックでは、スケジュールは先生の決めたものに従うしかない感じだったけど、今回から新しく通っているクリニックさんは全然違う。ありがたい。

連休初日、3時間も座っていた待合室、お尻に根っこが生えてくるんじゃないかと思うほどだったけど、こうなったら、そんな待ち時間、もう全然気になりませんよ。「陽性」が出たわけでもなく、「グレードの良い胚盤胞」ができたわけでもなく、ただ、治療が開始できる、それだけで急に世界が明るく見えてきました、笑。

みなさんも、良いゴールデンウィークでありますように。。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー

スポンサーリンク